スマートフォンのWebサイトの作る上でのポイント3つ

スマートフォンのWebサイトの作る上でのポイント3つ

ポイント1:横幅調整をしよう

パソコンサイトとスマートフォンサイトの一番の違いは「横幅」です。言わずもがな、パソコンは横長で広く、スマホは縦長で画面をとても小さいです。ユーザーが横スクロールする必要が無いように、幅を調整しましょう。その際、文章は改行できるものの、大きすぎる画像や表ははみ出ないように注意が必要です。また、フォントサイズが大きすぎると、一文だけでスマートフォンの画面がいっぱいになってしまうことも。画像にしろ文字にしろ、大き過ぎは注意が必要です。

ポイント2:リンクは大きめに設置しよう

パソコンは、基本的にはマウスでクリックして操作します。しかし、スマートフォンにはマウスがなく、液晶画面を指で押すことで操作します。小さなリンクをマウスでクリックすることはできますが、指で行うとうっかり隣のリンクをクリックしてしまうことも。そうならないように、リンク文字は大きめに、可能であればボタンやバナーのようなデザインにして、指でもクリックをしやすいように心がけましょう。また、スマートフォンでは「マウスをホバーした状態」はありません。ひとめでリンクを分かりやすいデザインを心がけるのもポイントです。

ポイント3:フォーム内容は簡潔に

基本的に、スマートフォンにキーボードはありません。フリックなどで入力することは可能ですが、長文を打つ場合はやはりキーボードよりも時間とストレスがかかるもの。あまりに細かすぎるフォーム画面は、スマートフォンのユーザーに嫌煙されてしまう可能性があります。スマートフォンの方にも入力していただくために、項目は数個程度に、可能であるならば記入よりも選択形式にすることがよいでしょう。また、選択ボタンも指で操作することを踏まえて、大きくすることをお忘れなく。

スマートフォンWebサイト制作は、パソコンと同じくらい機能性の高いウェブサイトをスマートフォン専用に構築することです。