ビットコインの核心は、マイニング(採掘)にある!

ビットコインの核心は、マイニング(採掘)にある!

採掘を技術的なアプローチでとらえれば!

マイニングは、通常採掘と訳されます。この言葉は、鉱山の採掘を示すため、誤解をされる方も多いようです。採掘とは、ビットコインの仕組みの中で、重要な作業です。ですから、採掘という言葉は、例えに近いのです。実際の採掘は送金の確認や不正の監視を行っています。より具体的に言えば、送金のチェック作業とデータベースへの記録が主な内容です。このようにこの記事では、採掘の仕組みを技術的なアプローチで迫って行きますが、やさしい言葉で説明します。

採掘を更に詳しくとらえてみれば!

採掘の作業とは、送金者が所有金額より大きなものを送金していないか、送金者が正当な保有者なのかをチェックしています。ビットコインは一般的に10分ごとに取引が行われます。採掘は、この取引をまとめてチェックし、承認しています。承認が終了すれば、確認済みとなり、記録が確定します。採掘というのは、とても複雑な計算と考えている人が多いようです。しかし、実際は計算の量自体が多いということです。単純作業を繰り返して大量に行っているのです。

採掘を確率的にとらえれば!

採掘というのは、無数のクジから当たりクジが出るまで、その作業を繰り返すことになります。世界中の採掘者は当たりクジを引こうと、それぞれ計算を始めます。世界中で誰かが当たりクジを引いた場合、採掘者に報酬が支払われ、そのゲームは終了となります。しかし、これでは当たる確率が低すぎるため、実際は採掘プールという物を使用します。これは、採掘者を多く集めて、同じ目的でコンピューターを使用します。共同作業のため、当たりクジを引いた場合、成功報酬は参加者で分担します。このような作業を行うため、素人が採掘に参加するのは無理で、プロの集団が行っています。投資の勧誘などがある場合は、このような現実があることをしっかりと心してください。

ビットコインはいわゆる電子マネーの一種で、中央機関や仲介人を介さないので気軽に取引ができるシステムです。