感動をする時と言えば…トロフィーをもらう時!

感動をする時と言えば…トロフィーをもらう時!

トロフィーの授与式で感極まる!

皆さんの中でトロフィーをもらったことがあるという人はどれほどいるでしょうか。トロフィーを持っているという人は10人にひとりもいません。100人にひとりかふたりといったところでしょう。なかなかもらうことの出来ないトロフィーだからこそ、もらった時に感動するのです。トロフィーを受け取った人が感極まっている姿もよくありますが、そうした光景を見ている観客もまた感動することが出来るのがトロフィーの授与式と言えるでしょう。

なかなか手に入れることが出来ない!

世界大会や全国大会などでもらうはトロフィーは努力の証です。トロフィーをもらうことは人生においても少なく非常に名誉なことだと言えます。トロフィーを目指せるような技術を持っている人なら是非ともトロフィーを目指してみると良いでしょう。なかなか手に入れることの出来ないトロフィーを手にすれば、青春の思い出や人生の宝として自宅に飾っておけます。小さい規模のイベントや大会、幼稚園や小学校での運動会などで参加賞としてもらう小さなトロフィーも素敵です。

渡す側のトロフィー選び

努力の結果、勝ち取った栄光に対して贈られるトロフィーにはその賞に見合ったデザインが必要です。渡す側としてはもらう人が素直に喜べるトロフィーを選びたいものです。大きく高さのあるトロフィーは大勢が参加するような大会に似合います。地域のイベント用にならコンパクトなトロフィーがもってこいです。トロフィーを選ぶ時はその賞の重さによって大きさや高さを決めます。偉業を成し遂げた者に渡すなら重量感のある迫力満点の特大トロフィーでしょう。

ワールドカップや高校野球などで優勝したチームに贈られる物の総称をトロフィーと言います。すべてのスポーツ選手の憧れです。