皆がクリエーター!LINEスタンプは誰でも制作出来る

皆がクリエーター!LINEスタンプは誰でも制作出来る

LINEスタンプ制作のメリット

LINEスタンプを使う方は非常に多い事は日常のコミュニケーションで実感する方は多いでしょう。日常のやりとりに面白味が産まれ、絵付きのスタンプを送る事で言葉では伝わりにくいニュアンスを絵で伝えたり、子供からお年寄りまで利用する方が増えています。このLINEスタンプは公式サイトにあるものを使うだけではなく、一般クリエーターが作ったものも販売されており、LINEスタンプ制作は誰でも条件を満たせば発売する事が可能です。売れたら多くの方に使ってもらえたりお金を稼いだりできるメリットがあります。

LINEスタンプを作る流れとは

LINEスタンプを制作する流れを知れば誰でも簡単に作って審査にまわす事が出来るでしょう。流れとしては簡単であり、基本的に用意する画像は3つの種類があり、合計で40個の絵を準備する事になります。メイン画面1個とトークルームタブ画面1個、スタンプ画像40個という内訳であり、それぞれに指定サイズやファイル形式がありますから、指定に従って制作する必要があるものです。テーマを決めてアイデアを絞り、あとは指定された画像を作っていき審査に挑む事になり、審査に通れば販売開始という流れになります。

LINEスタンプで稼ぐ事も出来る

LINEスタンプは絵を描く素人でもプロでも誰でも参加出来るものであり、素人でもプロ以上に売れる事もあるジャンルですから、アイデア次第で大きく稼ぐ事も可能でしょう。あくまでLINEでのやりとりを面白くさせる事が出来れば絵が下手でも売れますし、どんなに絵が上手くても使い辛いものは売れないものです。素人の落書きでも売上上位に来る例も多く、1セットが120円で販売され、2015年2月以前は売れると50%の対価を受け取る事になっていましたが、現在では35%の対価を受け取れる仕組みです。

LINEスタンプはパソコンにプリインストールされているペイントツールを利用することで、費用をかけずに作成することができます。